御遺骨を砕くなんてまったく必要ありません。

日本では法律もないのにかかわらず 御遺骨を砕いて撒くとか、海岸から300m離れてとか、 20km離れてであるとか、業者さんが各自で決めているのが現状です。

極言すれば、波打ち際で節度を持って、御遺骨をそのまま撒いたとしても、違法ではないのです。
ただ、社会通念上から指弾はされるでしょうが。

その点、先輩国である米国では、州ごとに、海岸線からの距離、 保険局への届けとか一定のことが決められています。

それらに違反すると高額の罰金、住民であれば、犯罪となり刑事事件となります、外国人の場合は国外退去も考えられます。

しかし、不思議と広く言われている、 御遺骨は砕いてパウダー状にしなくてはいけない、と言われていますが、日米ともそういう法律等はありません。
死者に鞭打つようなことは止めたいものです。

また、折角の自然葬・散骨という良い葬法を 正しく育てて行きたいものです。