散骨屋日記

みんなは自然葬をどう思っているの?

散骨のマーケット調査:
この書をお読みになる方はもう既に自然葬に関する興味を
お持ちなのだから、何も今更日本での散骨に関する調査データを
解き明かしてもしょうがないのだが、今でこそ少数派の散骨だが
近い将来には欧米並みになる事が予想され後年に、
昔はこうだったと比較が出来たら興味深いだろう。

全体像を容易に捉えられるように、別個の参考資料に記された
パーセンテージをそのまま表示し、著者が太字でまとめを記した。

参考資料毎に標本数も違うし、設問方法も違うが、自然葬・散骨に
関する意識調査の全体像を把握する為とし、私の興味ある
部分だけを抽出したので、もっと詳細を知りたい方は巻末出典資料を参照されたい。

散骨に関する意識調査

健康で、体も心も自由な生活をしているときに
自分の葬儀を考える人は少ないと思っていたのだが、
調査によると、40歳代で78%の人が
「自分の葬式をどうしたいか」を考える機会があり、
20歳代でも44%の若者が将来の自分の葬式を考えているという。
言い換えれば、自分の人生をどうするか、
どう生きるかそして、どういう風に締めくくるかを考えており、
歳をとって初めて考えるのではない事を示している。

★自分の葬送の方法は自分で決める時代になって来た

「自分自身の葬式をどうしたいか」の問いに対しても
73%が友達・家族だけでのシンプルな葬儀を考えている。
残された家族に迷惑を掛けたくないのと、
いろいろな葬送の方法が紹介されてきており自分は自分らしい葬儀で、
伝統的な葬儀にこだわらず、地味な、そしてオリジナリティーのある
葬送の式に家族や親族と共に、趣味や活動を通じた友人に
参列して欲しいとし、「仕事や会社関連の人たちに参列して欲しい」
を上回っている。
規模は具体的ではないが人並みな式や立派な式を望む人は
極めて少数派となっている。

一方、先祖代々の墓があれば入る、入ってもいいと考える人は
男性で78%だが、女性は、入りたいが62%で、
入りたくないは37%とは、考えさせられる。
奥さんに「夫の葬式をどうしたいか」尋ねると、
64%は主人の意思に任せると答える。そして,
「シンプルに」が36%。

散骨を肯定的に考える意見は「本人や遺族が望むならいい」 が64%
「分骨だったら良い」が27%両方あわせると9割は
肯定的に理解はしてもらえるのだが、否定的な少数派が
故人が散骨の希望が有るのにかかわらず反対意見を強い声
で唱える場合があり、故人の希望をかなえさせない強い要因になっている。
これはデータでは示してないが経験では非常に多い。
「散骨をしたい」人は25%、「したくない」が71%ある。

予想以上に多い「したくない」派だが、散骨に関する情報が
まだまだ少なく、今後の私たち業者の活動と広報活動如何で
大幅に減ることも期待できる。

「なぜ、散骨をしたいのか」の理由には
「早く自然に帰れるから」が28%で、
「海や山がすき」、「思い出の場所」があるが19%
「こういう形態が望ましい」も22%あり、
特に70歳以上の40%がそうかんがえている。

御年寄りの多くが葬送の方法がこれからは変わると認識されている
のが興味深い。

「お金がかからないから」も6%いる。

年代別「散骨したい人」は20〜40歳台が30%台、
50歳代の28% 60歳代15%
70歳以上では少し上がって18%となる。

また場所はとしては、「散骨をしたい人の」
6割が海での散骨を望んでいる。

データがないので、裏付けられないが私の経験では、
女性の方が男性よりも自分の葬儀のことを真剣に考える傾向があるようだ。

誰しもすぐに自分に葬儀が必要とは思わないけど、
私の所に問い合わせがあるのは40歳台が一番多い。

自分の葬送方法から両親、義理の親、育ての親いろいろな
ケースでの質問に実に人生の多彩さ、複雑さを考えさせられる。

これまでのことをまとめると下記になる。

★自分の葬送の方法は自分で決める時代になって来た。
★家族・親しい仲間にシンプルに送ってもらいたい。
★奥さんは、夫に葬送方法を決めておいて欲しい。
 でも奥さんが同じようにするかは<?>
★多くの人が散骨を認知しているが、容認するかは別問題。
★散骨を望む人は暗い墓の中にいるより海に戻りたいと考えている。

参考資料

自分の葬式を考えたことがある

年代 YES (%)
20代 44
30代 70
40代 78
50代 88
60代 96

自分の葬儀をどうしたい?

希望内容 (%)
親しい人とこぢんまりとシンプルに 59
家族だけでしてほしい 14
多少のお金はかけても人並みに 13
お金をかけてでも立派に 1
考えたことがない 9
その他 3

夫の葬儀をどうしたい?

内容 (%)
故人の遺志に従う 64
シンプルに 36
伝統的に 9
オリジナルなものに 8
密葬又はしない 7
社会的地位に相応しいものに 7
多くの人が参加できる形に 7

自分は散骨にしたい

年代 (%)
20代 32
30代 31
40代 35
50代 28
60代 15
70代 19

散骨にしたい理由

理由 (%)
早く自然に戻れる方がいい 28
今後はこの形態が望ましい 22
海や山が好きだから 14
都市圏では墓地が確保できないら 6
お金が掛からないから 6
思い出に残る場所があるから 5
その他 18
ツイート